「歓びの歌」 助川久美子/作曲
Anthony K./作詞
心は深い 海より深い
その前にたたずみ
人はみな とまどう
だから目をとじて ただ味わおう
響くのは心だけ

命ははかない 愛よりはかない
その最期に向き合い
人はみなおびえる
だから今ここで ただ燃やそう
満ちるのは 命だけ

祈りは遠い こだまより遠い
その横に寄りそい
人はみなふるえる
だから顔上げて ただほほえもう
届くのは 祈りだけ

さあ歌おうよ 声の限りに
歓びの歌
さまよい怖れても 君の魂に
幸あれ
何度はぐれても 君と歩もう
この道を
二人 あの星に たどりつける
その日まで

ともに歩もう この光の道を