photo by Mr Ueno

助川久美子 プロフィール
 
作曲・ヴォーカル・ウッドベース・ギター。

独特な倍音を含む歌声と、Wood BassやGuitarを弾きながらオリジナルの歌を歌う。
ベース弾きとしてJAZZ・即興・ブラジル音楽などのバンドを渡り歩き活動後、歌手としてソロに専念。
Anthony K.との作詞・作曲コンビでオリジナル楽曲を多数産み出し、 ビクター主催の楽曲オーディション「Music for LOHAS」にてグランプリ受賞。
2004年アルバム「オトナのための子守唄」にてメジャーデビュー。
2007年に東京から那須へ移住し、黒磯在住の小説家・写真家・詩人の篠崎美江子とのコラボレーションや、那須在住のドラマー・井ノ浦英雄や篠笛・中嶋竜一らと音楽活動中。
2010年に作・演出Anthony K.による「セリフのないサウンド・ストーリー」という、 音楽と朗読による新しい形体のライブをはじめる。

名前のアナグラムによる天命占い「ガクワケミコス」(楽、分け、巫女す)は、
「音楽の楽しみを分かち合うための巫女役になること」の意。

現在、那須の自然や魅力的な人々から、沢山の刺激と安らぎとエネルギー、

インスピレーションをえて、音楽活動中。すべてが繋がっていると実感。

豊穣で、無限で、富んでいる音楽表現を目指す。